磯釣りの魅力とは?
 磯釣りの魅力ですか?そうですね、まあ言葉には言い表せませんね。一回行って見ろ。わかるよっていう感じ?!
 まあとにかくすごい!!     
 
 えっ!? 何がすごいって?!
 1度体験すれば雰囲気はわかるよ。

 僕自身、なんでこんな素晴らしいものにもっと早く出会わなかったんだろうって悔やんでます。なんせ初めて釣りというものを味わったのが27歳ですから、遅咲きも遅咲き。それから、磯釣りを始めたのが結婚してから(28歳)ですから、今思うと、もっと早くこの磯釣りに出会っていればなあっていう感じです。

 初めて「釣り」というものに出会うまで、何が楽しくてみんな釣りをするのか、自分には全く理解できなかった。一生、自分は「釣り」というものに出会わず、又興味も持たず過ぎていくんだろうなあって思っていた。なぜなら、「釣り」以外は多少なりとも少しはやったことがあったし、別にやらなくても大体こんな所が楽しいんだろうなっていうのが判っていたから・・・。でも「釣り」の楽しさだけは全く判らなかった。

 高校まできちがいだった野球.・・・。甲子園に出られるなら死んでもいいと思っていた。くらい野球バカだった・・・。

 いつしか社会人になってからは、スキー、ゴルフをかじり、バイクにおぼれ、車にかぶれ、酒におぼれ。(おいっ!違うやろ!笑)
 どれをとっても、自分が一生を掛けて上手くなってやろうとか、一生を掛けて勝負したろかっていうものではなかった。

 しかし、堤防のサビキ釣りから始まり、いろんな「釣り」を知り特に「磯釣り」に出会ってからは、世界が一変した。

 こんなすごい世界があったのかと・・・。
 これなら一生をかけて追求又、勝負できる!!と・・・。
 
                      古和浦 クド2番

 まあ真面目な話はこのくらいにして、具体的な魅力について書くと、
@に、まあとにかくダイナミックでんな、他の釣りではこんなダイナミックさは味わえないと思うな。この磯の下にどんな巨グレが潜んでいるのかと思うとワクワク、ドキドキ心臓が踊らずにはいられません。
磯にいく前日は嬉しくて眠れない(笑)。 (^○^)

 だけど、数年に1人か2人は必ずどこかの磯で亡くなってますよね。まあ、ダイナミック度と危険度が背中合わせなんだろうけど・・・。
(磯釣りをされる方はくれぐれも気をつけて下さいネ。)
 
 それからAに、めちゃくちゃ頭を使う釣りでんな。とにかくボーッとしてられない。忙しい、せっかちな釣りです。潮を読み、流れを見極め、グレがいるタナを模索し、食わなければハリを小さくしたり、ハリスを細くしたり、浮きを変えたり、サシエのつけ方を工夫したり、まあとにかく忙しい。
(せっかちなおいらにはちょうどいい。)(^O^)

 
                相賀浦 トラフグハナレ 

それから最後に、磯で食う飯が最高にうまいっていうことでんな。最高の眺めを観ながら食べる飯はめちゃくちゃうまいで〜〜!。(飯食べてる時に潮が変わってることが多いんやけど・・(汗)。だから最近はパンをかじりながら釣りに集中してるよ。)

というわけで、まだ磯釣りをしたことがないみなさん1度行ってみてネ!
1度行けば絶対はまるよ!!(^O^)




古和浦 沖ノ平島